TOP > アフィリエイトで月に¥100万円以上稼げるのは本当か?

¥100万円の束

アフィリエイトで月に¥100万円以上稼げるのは本当か?

2017年8月2日

さて、グーグルによる昨今のフレッドアップデート以来、ジャンルによっては低迷が続くアフィリエイト業界ですが、最近まで高収入を稼いでいたというアフィリエイターのひとりの方(以下、P氏と言います。)のブログを閲覧していたら、こんなような、ひと言が書いてありました。

「アフィリエイトには、いくつものやり方があり、SEOはその1つに過ぎない。」

まあ、私の考えだと、まったく逆になるのですが、それは後で説明します。

で、P氏の場合、アフィリエイトを始めて、わずか3か月後に月収¥100万円を超えたということなんですよね。

実際、この手の自慢話? がネット上で、あふれていますが、仮に本当のこととしても、実は大きな誤解があるのです。

それは、月収が¥100万円だとしても、まるまる収入になるわけではなくて、莫大な経費もかかっているということなんです。

実は、この手のアフィリエイトのやり方の代表格が、PPCアフィリエイト(リスティング広告)というものなんです。

PPCアフィリエイト(リスティング広告)について

グーグルやヤフーで、キーワード検索をすると、ページの上部や下部、あるいは横の方に「広告」マークのついたサイトの紹介が連なっていますよね!

これが、リスティング広告なんです。このリスティング広告だけで活動するのが、PPCアフィリエイトというものなんです。

当然ですが、掲載料金が発生します。グーグルやヤフーにお金を払うということですね。

代表的なPPCアフィリエイトのやり方

よくある有料のアフィリエイト塾や、怪しい高額なアフィリエイトの秘伝を教えますセミナーが教えているやり方です。

1.ペラサイトという、1ページだけの簡単な商品紹介のページを作る。1ページだけしかない、あるいは、内容が薄くてペラペラという理由からペラサイトと言われています。

広告主のホームページからキャッチコピーや文章、画像などをパクって、1ページに簡単にまとめたようなページがほとんど。慣れれば10分くらいで作れるという、お粗末さ。

キチンとした商品説明や体験談、感想も書かないものが多く、誰でも簡単に量産できるものが多い。がんばって3ヶ月で1000ページくらい作るツワモノもいる(笑)

2.それらペラサイトたちをリスティング広告を使って、グーグルやヤフーでの検索結果で目立つようにPRしてもらう。

3.リスティング広告のおかげでアフィリエイト売上が発生する。発生した売上の中で、広告主が承認したものが報酬として確定する(成果報酬と言います。)

4.成果報酬から、リスティング広告料金や、場合によっては、ドメイン利用料金、レンタルサーバー料金などを引いたものが粗利となる。

5.粗利から、ブログ・ライターを使っているならば、その人件費や、その他、すべての経費を差し引いたものが、自分の手取り収入となる。

ということで、仮に本当に月収が¥100万円だとしても、経費を引いた自分の手取り収入は¥10万円以下とか、場合によっては、リスティング広告料金の使い過ぎで、赤字になることも、めずらしいことではないんですよねえ。。

ちなみに、本当にアフィリエイト月収が¥200万円でも、¥300万円以上でも、かかる費用は、それに比例して、さらに莫大なものになっていくんですよねえ。。

ペラサイトは、MADE BY パクリ。客引き力は、金を払ってのグーグルやヤフーの広告の力。さらには、簡単な文章作りすらメンドクサイからブログ・ライターに頼むということで、自分の実力とかなくても、ぜんぜん大丈夫なんですよねえ(笑)

まあ、ブログ・ライターを雇わずに、自分でペラサイトたちを作れば、なんだか自分がすごい仕事をしたという錯覚を起こすことがあるみたいです(笑)

なんたって、1000ページも作ったという偉大なる達成感があるわけですからねえ(笑)

しかしながら、「このペラサイトで儲けられるんじゃないか?」みたいな感覚で、自分の貯金を使って、リスティング広告を出すのは、株の投資で相場を張るのと大して変わらないことだと思います。。当たるも八卦、当たらぬも八卦の世界ですかね。実際、PPCアフィリエイターって、賭け事とかギャンブルが好きな人が多いですよ(笑)

PPCアフィリエイトに未来はない

グーグルに比べて、金次第でどうにでもなると言われているヤフーですら、もう2年くらい前から、ペラサイトにはリスティング広告を使わせない方針になりました。

グーグルに至っては、昨今のフレッドアップデートでペラサイトたちが、真っ先に、完全に、圏外に吹き飛ばされましたね!!まあ、真面目に中身のあるアフィリエイトサイトたちですら、検索結果の検索順位を下げられたりしているくらいですから、当然と言えば当然のことですが。

そういえば最近、日本の広告主たちが支払う宣伝費用の総額が、テレビCMの宣伝費よりも、ネット広告での宣伝費の方が多くなったそうですね。

そんなわけで、ますます注目されていくネット広告ですが、当然、社会の目も、モラルも、さらに厳しくなっていくでしょうし、アフィリエイトサイトもキチンとしたものを作らないと、はじき出されていくでしょうね。

そういった意味でも、ペラサイト中心のPPCアフィリエイトは、今後、どうがんばっても、完全に淘汰されていくことでしょう。

アフィリエイトには、いくつものやり方があり、SEOはその1つに過ぎない

これは、冒頭で述べた、P氏の発言ですが、P氏の場合には、PPCアフィリエイトや、誰でも簡単に稼げるとかいう怪しいアフィリエイトサイト作成ツールを売ったり、何やらアフィリエイトを張り付けた大量のスパムメールなんかも送っているみたいですね。

まあ、ほとんど犯罪者!

こんなのがドヤ顔でアフィリエイトブログを書いているから、アフィリエイト業界やアフィリエイターの評判が悪くなるんだなあ。。って。で、これがP氏の言うところの、いくつものやり方というわけなんですね。。

で、「SEOはその1つに過ぎない」という言い方ですが、これは「SEOなんてたいしたことねえよ!」と言いたいんでしょうねえ。。

つまり、これは、P氏が今までキチンと、SEO対策の努力をして来なかった、真面目にアフィリエイトサイトを持続的にコツコツと作って来なかったという、コンプレックスの裏返しになるわけなんですね。自分が努力してこなかったものは「たいしとことはない!」と思い込みたいんでしょう。。

SEOには、いくつものやり方があり、アフィリエイトはその1つに過ぎない

これが私の持論です。つまり、P氏とは真逆の考え方ですね。

SEOとは、一般ユーザーさんたちがグーグルやヤフーで、キーワード検索をした際に、出てくるサイトの掲載順位を上げていくという方法論です。

SEOに関しては、このサイトですでに掲載している、SEO対策無料セミナーを観て下されば、初心者でもわかると思いますし、実践にも役立ちます。

キチンとしたSEO能力があり、また、アフィリエイトサイトに限らず、様々なサイト運営全般に関して、コツコツと運営していくという、普通の人間レベルの継続的な努力ができる人であれば、SEOには色々な使い道があります。たとえば、

1.SEO付きのホームページ制作の代行業者

お店や会社のホームページ作ります!というお仕事のみならず、宣伝力も兼ね備えたホームページの制作と運営は、継続した高収入源になります。実際、そういう会社を作って、それなりに稼いでいる友人もいますしね。

2.自分でネットショップを開くのにも有利

SEO対策をしているわけですから、サイト自体に営業力があるので、収益が上がりやすいですね。本当に自分が惚れこんだ商品があったら、やりがいがあるでしょうね。

3.YouTube を活用して稼ぐ

俗にいう、ユーチューバーってやつですが、これも稼げる人と、ぜんぜん稼げない人がいます。稼げる人は、おもしろい企画力、ストーリー展開に長けている人ですよね。こういうクリエイティブな力を付けるのにも、真面目なアフィリエイトサイト作りは欠かせない鍛錬にもなります。

4.自己流アフィリエイトができる

アフィリエイト会社のアフィリエイトプログラムを使わずに、独自の情報サイトを作るのです。検索順位が上がってくれば、おのずとスポンサーである広告主から掲載のオファーが来ます。

私は、もともと、このやり方でネット業を始めました。このやり方の最大のメリットは、アフィリエイトプログラムを使わないので、グーグルからアフィリエイトサイトと認識されないことです。

したがって、グーグルから何かしらのペナルティを受ける恐れがないので、フレッドアップデート以降のグーグル対策には極めて有効だと思います。実際、今、このやり方で、新しいタイプのサイトを鋭意作成中です。

SEO能力を身に付けたいならば、まずは自力のアフィリエイト力で稼ぐべし

SEO対策がしっかりしているアフィリエイトサイトならば、リスティング広告など使わなくても、アフィリエイトサイトそのものに力がありますから、アフィリエイト売上を稼いでくれます。もちろん、リスティング広告費用など必要ありません。ですから、成果報酬そのものが、まるまる収入になるわけなんです。

まずは、SEOを意識しながら、キチンとした、おすすめ商品の紹介記事ページなどをコツコツと作って、増やしていくことですね。

SEOの成果が出てくるのは、最低でも半年、場合によっては1年くらいはかかります。これは、今も昔も同じことです。

しかしながら、キチンとしたアフィリエイトサイトというものは、一生ものです。積み重ねていく記事ページたちは、末永く稼いでくれる、まさに金のなる木になる可能性を秘めているのです。

しかも、おのずと中身のある、層の厚い、立派なアフィリエイトサイトが完成するわけですから、グーグルやヤフーのリスティング広告の審査も承認されやすく、かつ、閲覧してくれた一般ユーザーへのアピール力も、ペラサイトなどとは比較にならないくらい高い収入発生率なんです。

初めにペラサイトを作って、あとは、リスティング広告まかせで稼ぐのは邪道ですし、今後は全く通用しないメソッドになりました。

逆に、キチンとしたアフィリエイトサイトを作れば、ある程度、リスティング広告も利用して、アフィリエイト収入をアップさせることが可能なんです。

まずは、アフィリエイトサイト作りに専念することですね。成功の道は、これしかありません。

「急がば回れ!」という格言がありますが、まさにこれですね!英語圏でも、Haste makes waste(急ぐと、無駄骨になる)という同じような格言があります。世界共通の真理なんでしょうね。アフィリエイトで成功するのも、他のことで成功するのも、原理は同じということです。

では、なぜ¥100万円以上稼いでいます!とかブログに書くのか?

嘘か本当かは知りませんが、自分がアフィリエイトで大金を稼いでいます!と、わざわざアピールしている人たちが今も昔も絶えませんが、その理由は簡単で、そう書いていれば人目を引くからなんです。

これからアフィリエイトを始めようと考えている人とって「大金を稼いでいます!」って言っている人は、かなり魅力的な人ですよね?だから、大金を稼いでいる人が主催する有料セミナーならば、参加料金が高額でも受講してみたい!とか、購読料金が高くても、稼げる秘伝のメルマガ会員になりたい!と思わせるための詐欺行為なんですよね。ようするに。。

冒頭で述べたP氏も、ご多分に漏れず、最近、有料の怪しいメールマガジンを始めたみたいですねえ。。

P氏も頼みの綱だった、PPCアフィリエイトは、もうダメということはわかっているみたいですが、かと言って、体験談なども踏まえて、真面目にコツコツとアフィリエイトサイトを作っていく気もないみたいで、今度は、怪しい儲け話ノウハウを提供する有料メルマガ会員を集めて、儲けようと考えているみたいです。

ちなみに、何らかの投資話にしたって、アフィリエイトにしたって、こういう怪しい儲け話に乗る人たちが、いつの時代にも必ずいます。その理由は簡単で、そういう人たちも、P氏とまた同じ類の人間だからです。

「アフィリエイトってやつで金稼ぎしたいけど、コツコツとかめんどくせえのやだな!なんか手っ取り早く、ガーッと稼ぎてえな!なんか秘伝の裏技とかあるんじゃないのか?」

と考えるような連中です。だからこそ、労力を使わない分、大金払えば、秘伝のノウハウを教えてくれて、楽して大金が稼げるんじゃないかと思うみたいですね(笑)

だます方も騙す方ですが、だまされる方も騙される方って感じですね(笑)まあ勝手にどうぞ!って感じです。

照る日くもる日、いろいろありますが、本当の実力を付けて、末永くアフィリエイトで稼ぎたいならば、やはり正道を進むしかありません。。

ところで、「¥100万円稼いでいます!」とかブログに、しれっと書いている数多くの人たちは、なぜ通帳記帳くらい公開しないんでしょうねえ。。不思議でしょうがないです。まさか嘘じゃないんでしょうしねえ(笑)

ちなみに、私は、通帳記帳の写真付きで、毎月ごとにアフィリエイト収入を公開しています。

¥100万円も稼いではいませんが、少なくとも、いいかげんなことを言っているわけではないことを理解してもらえれば幸いです。

アフィリエイト広告での成果報酬 2017年7月分

 


 おすすめのアフィリエイトとブログTOP