TOP > 引きこもりたい人の仕事、アフィリエイト > グーグルの言葉狩りでアフィリエイトブログの単語を変更中!


2018年6月分のアフィリエイト収入の通帳記帳

2018年6月分のアフィリエイト収入の通帳記帳

 振り込み名義   アフィリエイト会社
振込金額
登録難易度
おすすめ順
       
 
カ)フアンコミユニケーシ
A8net(エーハチネット)
¥29799円
審査なし
カ)アドウェイズ
ジャネット(JANet)
¥13867円
 審査あり
カ)フオーイツト   アフィリエイトB
¥7706円
 審査あり
カ)インタースペース
アクセストレード
¥2794円
 審査あり
カ)セプテーニ・クロスゲ
xmax(クロスマックス)
¥23868円
 審査あり
カ)レントラックス   レントラックス
¥10204円
   上級者向け
 
合計
¥88238円
 

【特記事項】

初心者の方は、まず、A8.net(エーハチネット)から始めて下さい。

理由は、A8.net (エーハチネット)には、アフィリエイト活動のためのブログであるファンブログが用意されているからです。登録時に一緒に作ることができます。

ゼロからアフィリエイト活動が始められるブログまで用意してくれているのは、ここだけです。

しかも、広告主数もアフィリエイト全社の中でも最大数なんです。

その他の全てのアフィリエイト会社は、登録申請する以前に、前もって自力で、アフィリエイト活動にふさわしいブログを作っておかないと審査に合格できず、登録もできないんです。。

詳しくは、なぜA8.net(エーハチネット)から始めた方がいいのか?をご覧下さい。


グーグルの言葉狩りでアフィリエイトブログの単語を変更中!

2018年6月30日

こんにちは、早々と梅雨明けになり、蒸し暑い嫌な天気が続きますね〜 早々と弱冷モードでクーラー使っています。

さて、只今、引きこもりアフィリエイターの kami は、自分のアフィリエイトブログの中のいくつかの言葉を、違う言葉や言い回しに変更している最中です。

開始から約1ヶ月くらい経ちましたが、7つあるアフィリエイトブログのうち、稼ぎ頭である、ひとつだけは変更完了しました。変更するべき言葉の数が何千とあったし、気が進まない作業だったので、ずいぶんと時間がかかりましたねえ。。

変更した理由は、グーグルの言葉狩り対策のためです。

もう何度も書いていますが、去年末からグーグルが実地している健康アップデートや、その後、ほぼ毎月やっているらしいコアアルゴリズムの変更などの影響で、早い人は昨年末から、私のような比較的遅い者でも3月中旬くらいから現在にかけて、売上が半分以下にダウンし始めました。。

ちなみに今月6月分の通帳振込分は、4月前後くらいの売上分になります。広告主による売り上げの承認や、アフィリエイト会社での事務手続きなどで、振り込まれるまでに2ヶ月間くらいのタイムラグがあるのですよ。

3月中旬以降は、売上の悪さに、ただ単に呆然としてしまい。。絶望感も半端ではなく。。5月下旬までは、アフィリエイト作業がほとんどできませんでした。。新しいページを作れば、作るほど、さらに売り上げが落ちるんじゃないか?と疑心暗鬼になってしまって、もう何をやっていいのかわからなくなったんです。。冷静な判断ができるような状態ではなかったんですよね。

しかしながら、5月下旬にエーハチネットと、レントラックスから重要なメールが届きました。

内容は、両社とも、ほとんど一緒でしたので、エーハチネットだけ要点を掲載しておきます。


[A8.net] 【重要】医療系、クリニック系プログラムご利用の方へ

2018年6月1日より、改正医療法に基づく新医療広告ガイドラインが施行されました。

医療系、クリニック系といったプログラムの広告については、以下のような宣伝が禁止となりますので、ご注意ください。

1.体験談の広告

2.術前、術後写真(イラストも含む)

3.客観的根拠のない比較(ランキング)

4.絶対・安全等の虚偽広告

5.最高・NO.1等の表現

6.著名人の推薦、著名人も患者等の広告

7.値段の安さを強調する広告

上記に上げた内容は抜粋であり、他にも禁止されている事項がございます。

詳細については厚生労働省が公開している医療広告ガイドラインをご参照ください。

参考)医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

上記ホームページ内のガイドラインでは、アフィリエイターも対象となることが明記されておりますので、運営中のサイトの内容につきましてこの機会に見直しをお願いいたします。


これを見た時に、自分が今、何をするべきなのか!?がハッキリとわかったような気がしました。

私のアフィリエイトブログには、医療系のものはありませんが、サプリメント全般を幅広く扱っているものがあります。実は、これが稼ぎ頭なんですけどね。

で、これまでの私のやり方なんですが、上記の禁止事項の番号と合わせて考えてみると、

1.実際に取り寄せて試してみたサプリメントなどは体験談としてページ作りをしてきた。

3.報酬が良くて、承認率が高い商品順という、客観的根拠のない比較ランキングをたくさん作っていた。

4.「無添加製品なので安全、安心です。」とかよく使っていた。

5.最高も高級もナンバーワンもよく使っていた。

6.広告主のホームページで有名人が使われていたら、「あの●●さんも使っている!」は必ず書いていた。

7.格安、激安、最安値、は乱用していた。

という感じで、かなり問題点が多かったんだなあ、と痛感しましたね。。

というのも、医療系での禁止用語は、医療関係のみならず、美容コスメや健康食品、サプリメントなどの分野にも、すでに波及されていることは、数多くのアフィリエイターたちの大幅な売り上げ減少からも明白な事実です。

それに、グーグルは、今後、健康とお金に関することにはフィルターを強化する、つまり、禁止用語が使われていないか?など厳しく判定する。というようなことを言っているんですよね。。グーグルは、これを、YMYL と言っています。これは、Your Money or Your Life の略語だそうですが、命や生活、健康、お金に関わることって、拡大解釈をすれば、もう、なんにでも当てはなるのではないでしょうか?(笑;;

なぜ、この改善点に気がつかずに、2か月以上もダラダラと過ごしていたのか。。たぶん、あまりの売り上げの急落にショックが大きすぎて、まともな思考能力が一時的に麻痺していたんだと思います。

その他にも、上記の医療広告ガイドラインを参考にして、自分なりに問題があると思われる単語を約20個ほどピックアップしました。総数で、のべ3000語くらいの変更になりました。

そして、それらのほぼ100%を他の言葉に変更しました。同じ単語でも、前後の文章の内容が違うと、違う言葉や言い回しを考えなければいけないので、自動的に他の言葉に置き換える、とういうような簡単な作業ではありませんでした。実際、3000語のうちのほとんどが、ひとつ、ひとつの文章を作り直すという大変な作業でした。時間がたっぷりある引きこもりアフィリエイターですらキツイ作業でした。

作業は労働としても厳しかったのですが、それ以上に、今までは、それらの問題の単語たちや、言葉の言い回しのお陰で飯が食えてたと思っていましたし、また、そんな文章を書いてきたことに誇りすら持っていました。。

それを自分自身で否定して、自分自身でどうでもいいような、当たり障りのない言葉に変更していくのが、未だに不安だし、未だに納得がいかないんですよね。。

でもまあ、それが間違っていると気がついたからこそ、この辛い変更作業を始めたわけなんです。

まだ数日前に稼ぎ頭をひとつだけ片づけたばかりですから、どういう結果になるのか?まだわかりませんが、それでも、昨日あたりから、ここ半年の間に落ちていった掲載順位が上がってきたキーワードが多少出てきました!これは非常に良い兆候です!少し光が差してきたような気分です。

やっぱり、月に¥20万円くらいは欲しいですからねえ。。

まだ、6サイトも修正しなくちゃいけないのかと思うと、本当にうんざりしますが、今は、これを中心にやらなきゃです!

まあ、12年間、アフィリエイトをやってきましたが、その大掃除をしないといけない時期なんでしょうね。やりたくないけど、がんばります。

これからアフィリエイトを始めようと思っている人は、私と同じ過ちを繰り返さないように注意して下さい。

まずは、厚生労働省の医療広告ガイドラインをよく読んでみることです。そうすれば、どんな言葉や表現方法を使ってはいけないのかがわかってきます。

それと「グーグル YMYL」で検索してみれば、グーグルが希望するような良きアフィリエイターになるための知識を得ることができると思います。お互いにがんばりましょう。


| 引きこもりたい人の仕事、アフィリエイト  TOP PAGE