TOP > 引きこもりたい人の仕事、アフィリエイト > 引きこもりたい、引きこもりたい!とお悩みの方へ


2018年9月分のアフィリエイト収入の通帳記帳

2018年9月分のアフィリエイト収入の通帳記帳

 振り込み名義   アフィリエイト会社
振込金額
登録難易度
おすすめ順
       
 
カ)フアンコミユニケーシ
A8net(エーハチネット)
¥27662円
審査なし
カ)アドウェイズ
ジャネット(JANet)
¥21794円
 審査あり
カ)フオーイツト   アフィリエイトB
¥6728円
 審査あり
カ)インタースペース
アクセストレード
¥2666円
 審査あり
カ)セプテーニ・クロスゲ
xmax(クロスマックス)
¥9936円
 審査あり
カ)レントラックス   レントラックス
¥21427円
   上級者向け
 
合計
¥90213円
 

【特記事項】

初心者の方は、まず、A8.net(エーハチネット)から始めて下さい。

理由は、A8.net (エーハチネット)には、アフィリエイト活動のためのブログであるファンブログが用意されているからです。登録時に一緒に作ることができます。

ゼロからアフィリエイト活動が始められるブログまで用意してくれているのは、ここだけです。

しかも、広告主数もアフィリエイト全社の中でも最大数なんです。

その他の全てのアフィリエイト会社は、登録申請する以前に、前もって自力で、アフィリエイト活動にふさわしいブログを作っておかないと審査に合格できず、登録もできないんです。。

詳しくは、なぜA8.net(エーハチネット)から始めた方がいいのか?をご覧下さい。


引きこもりたい、引きこもりたい!とお悩みの方へ

2018年9月26日

こんにちは、ようやく猛暑も落ち着いてきましたね。

さて、今回は、私の前職について少しお話したいと思います。少し長いですが、お付き合い下さい。

もう、だいぶ前の話になりますが、私の前職は、モスバーガーの加盟店主でした。いわゆるフランチャイズ・オーナーというやつですね。

世田谷区内で10年くらい頑張りましたね。。東京都内では、当時、史上2番目の若さの、26才で始めました。

とは言っても、そうなるのが夢だった!というわけではなかったんですよね。。

母親が東京都目黒区の好立地でパブスナックを経営していたんですけど、その周辺の土地を所有していた地主が、大きな商業ビルを作るという事で、母の店も含めて、周辺全部の店たちが立ち退くことになりました。

しかしながら、駅近くの好立地でしたので、店主たちの反発は強く、裁判沙汰を恐れた地主から、破格の立ち退き料をもらえたんです。

ところで、私には、2歳半年下の弟がいまして、高校生の頃から居酒屋でバイトをして、商売っ気の強い野郎で、母親を口説いて、結局、その立ち退き料の半分以上を投資してもらって、さらに、モスバーガー本部が保証人になってくれた厨房什器類のリース契約金など、母への借金を含めて、総額¥6800万円の借金をしてしまいました。。これを5年で返さなければなりません。。

モスの看板を借りた、個人商店の始まりです。経理は母親、店舗運営は私と弟でした。

しかしながら、このクソ弟は遅刻はするは、挙句の果てには出勤しなくなるはで、最低の屑でしたね。

しかも、私が決めた店のルールを壊したり、私が気に入っていた、使えるバイトをクビにしたりと、ろくでもないクズでした。

給料は一緒だったんですけど、私がオーナーで、自分が店長という肩書が気に入らなかったんですよね。。

ただ、これは、モス本部との契約時に決められた条件としての肩書であり、途中変更が対外的にできなかったんです。

私としては、さっさと弟にオーナーになってもらい、抜けたかったんですけど、私個人の実印で全ての契約をした以上、すべての償却を完済しないと、やめるにも、やめられなかったんですよね。。

まさに地獄の10年余りでした。。。

モスを始める前は、プログラマーをしていました。飲食店は、もともと全然興味のない職種だったんですよね。。

ただ、商売がやりたい弟と、投資をして金勘定が目的の母親のために、一番苦労をさせられたのが私ということだったんです。。

始めて、3年くらい経った、ある夜のこと、近くにあったメガネスーパーの店先の駐車場に一台のハイエースが停まっていて、その隣に、折り畳みテーブルや椅子が置いてあり、そこで、うどんを食べている数人が居ました。。

移動販売車、いわゆるキッチンカーでの、簡易うどん屋さんだったんですよね。

興味を持って、席に座ると、京都弁のやさしそうな、おばさんが、京風とろろうどんを出してくれました。¥700円也。

これが、また美味しい!ちょくちょく通うようになりました。寒い季節には、一晩で100杯以上は売れていたようです。。一晩で売り上げ¥7万円以上!

私のモス店舗は1日の売り上げが平均¥30万円くらいでしたが、売上金の半分はモス本部に払い、その残りで、月々の借金返済や家賃や人件費、電気ガス、水道などの光熱費、その他、雑費も払わなければいけず、キッチンカーのおばさんの方が遥かに効率よく、

私よりも良い収入が稼げていたんですよねえ。。これは、ものすごいショックでしたね。。

しかも、美味しいと人気のうどんは、おばさんが近くの富士スーパーで、加ト吉の冷凍うどんをまとめ買いしているのを見つけちゃいましたしね(笑)

たいして元手を使わず、労力も使わず、月に¥100万円以上稼いでいる、おばさんに脱帽したもんです。

これが本当の商売人なんだなあ。。って。

それと同時に、一人でできる仕事というものが羨ましくなり、憧れるようになりました。

モス店舗は、フリーターから社員になった者や、パートさんたち、学生アルバイトなどで、常時、総勢30名くらいいましたから、そのマネージメントだけでも大変でしたしね。。臭い動物性油が蒸気する灼熱の厨房の中、大量のハンバーガーを作りながらのシフト作りとか、まさに地獄でしたからね。。

「引きこもりたい!引きこもって、一人でできる仕事がしたい!」その頃から漠然と思うようになりました。

その後、5年で何とか償却も完了して、7年でリース什器たちも買い取って、ようやく借金地獄から解放されました。

そして、10年が過ぎたあたりで、モス店舗の売却をしました。買ってくれる他の加盟店オーナーがいれば、売れるのですよ、営業権を。

ただ、がめつい母親は、店を売却したお金を全部自分のものにしました。投資してくれた金額は、毎月の給料として返したんだけどね。

「その代わり、もう一生めんどうは見ないからね!」という条件で、全額渡しました。

モス店舗を売った後、クソ外道の弟は、店を始めた時のオープニングスタッフだった、当時大学生の女性とデキていたので、その女性と千葉で、やっぱり、フランチャイズの河豚屋を開店したそうです。

金遣いの荒い弟には、ほとんど貯金がなくて、その女性が社会人になってから一生懸命にためた金をもとにして、開店にこぎつけたらしいのですね。

モスを辞めて、今現在まで、弟とは一度も会っていません。それらの情報は全て母親から聞いたものです。

モス店舗を売った後、私は、キッチンカーのおばさんのような賢い商売人を目指して、¥300万円くらい投資して、新宿でパーティー会場を作り、交流会を始めましたが、集客できずに、1年足らずで潰れました。。

その後は、それまでの長年に渡る精神的苦痛が原因で、軽度の鬱病になり、風呂がない四畳半のボロアパートに移り、残る貯金を少しずつ引き出しながら、近くのセントラルフィットネスジムのプールで泳ぐ、シャワーを浴びる、夜は安い焼酎を飲みながら、パソコンで無料ゲームに没頭するという、廃人のような生活を1年くらい続けました。

でも、この廃人生活が良かったんですね。それなりに精神的に回復してきたようでした。

その頃、ホームページ制作会社に就職した、元バイトのS君からホームページ作成ソフトと、SEOの本をもらいました。

そのままボロアパートに住みながら、美容系、コスメ系のアフィリエイトサイトを作り始めました。

最初の1年くらいは、売上ゼロでしたが、どうせ何もやる事がなかったですし、それに、ホームページ作りや、SEOの勉強は初めてでしたが、とても面白く思えて、かなり夢中で作業していましたね。

始めてから1年が過ぎた頃、1日で¥500円くらい稼げるようになりました。少額ですが、それでもうれしかったです!

アフィリエイトで初めて稼いだ、最初の¥100円!今でも忘れられません。ネットで稼げるなんて。。と本当に驚きました!

あの時の喜びと感動が、今でもアフィリエイト活動を続けている原動力だと思います。。

しかし。。まさか、引きこもりたい!引きこもりたい!という願望の結果の廃人生活が、現在のアフィリエイト生活の元になるとは。。

アフィリエイトで生活できるようになったのは、私に適正や才能があったからではなくて、引きこもって何かをコツコツ作業したかったのと、毎日毎日、時間がたっぷりあったことが良かったのでしょうね。。

まさに、捨てる神あれば拾う神あり、ということでしょうね。。

ここ一年ほど、グーグルのアフィリエイト業界への仕打ちがひどいので、アフィリエイターによっては、少しバイトを始めながら、アフィリエイト活動を続けている人も増え始めたようですが、もともと私たち個人アフィリエイターたちの目の上のたんこぶであった、大手のまとめサイトも同様にグーグル検索結果から圏外に飛ばされたりしているので、来春の新年度には続々と撤退するでしょうから、そのうち、また、明るい兆しも出てくることでしょう。

結局、あきらめずに、しぶとく続けていった者たちだけが、再び勝利を得ることになると思います。


| 引きこもりたい人の仕事、アフィリエイト  TOP PAGE