TOP > 引きこもりたい人の仕事、アフィリエイト > アフィリエイト業界の命日は本当なのか?

3月のアフィリエイト収入の通帳記帳写真は、最下記で公開中です。


アフィリエイト業界の命日は本当なのか?

2018年3月24日

こんばんは、花粉がすごいですね!例年の2倍だとか。。花粉対策メガネとマスクとティッシュがないと外に出られないです。。

さて。。今月、3月の中旬くらいから、アフィリエイト売上が、ほぼ毎日激減しています。。今、現在もそうなんですよね。。ここ最近、がんばってくれていたエース級の記事ページたちも、ほぼ全滅です。。

今までは、自分のSEO対策が良くないんじゃないか?とか、もっと良質なコンテンツ(ページの内容のこと)を作らなければいけないとか、とにかく、まず、自分のアフィリエイト作業の反省から始めて、既存ページや新規ページの改善や作成をしてきました。

しかしながら、今年の3月7日に更新されたグーグルの謎のコアアルゴリズムのアップデート、言い方を変えれば、ネット上のブログやドメインサイトなどの掲載順位を決定するグーグルの人工知能の中枢の更新は、今までとは明らかに違います。アフィリエイター側の良い悪いは一切関係ないみたいです。

私のアフィリエイト仲間たち数人に聞いても、なんと全員、アフィリエイト売上が激減しているということで、ただごとではありませんね!!

で、じっくり調べてみると、いろんなことがわかってきました!


グーグルの健康アップデートの脅威

まず、去年、DeNAのキュレーションサイト(まとめサイト)が問題を起こしたことが発端になって、健康情報サイトなんかで頑張ってきた多くのアフィリエイトブログたちの検索順位が圏外に飛ばされちゃったんですよね!

代わりに、健康関係のキーワード検索では、医療関係サイトがトップ群にズラリと並ぶようになりましたね。。体験談などを知りたいネット閲覧者も少なからずいますから、そんな状態になってしまって本当にいいのか?は、わかりませんが。。

で、今回の3月7日の新型アップデートは、私たちのような一般人のアフィリエイトブログのほとんどを圏外に飛ばしてしまうための更新のようです。。

実際、今度は、サプリメント系のアフィリエイトブログの大打撃を受け始めたアフィリエイター仲間も続出してきましたね。。

実際、このままの状態が続けば、ほとんどのアフィリエイターは生活できなくなるでしょうね。。

ということは、元締めであるアフィリエイト各社も倒産する可能性が極めて高いということです!!

グーグルによる、アフィリエイト広告潰しが目的なのは間違いないでしょうね!今までは、グーグルも大規模な更新をすると、どういう更新をしたのか? キチンと説明していましたが、今回の更新については具体的な説明が何もないのが、その証拠ではないかと思います。

では、なぜ?グーグルは、そのようなことをするのか?自分なりに集めた情報から分析してみます。


アフィリエイト業界の命日

Twitterで「中の人」こと、QzDPRTqvoHmgJnZさんが話題になっていますね。中の人とは、グーグルの中の人、つまり、グーグルに勤めている人という意味のようです。3月24日現在、ツイートの全文が消去されていますが、過去に掲載されていた全文を並べるとこうなります。

2018年1月20日

「まずはじめに、私は皆さんご存知の某企業で働いています。個人としては学生時代にアフィリエイトをしていたことがあり、アフィリエイトには感謝しています。そのなかで、これからアフィリエイト業界に対して、私の勤める会社は大きな変化を起こすのですが、警鐘として共有させて頂きます。」

「前提として私たちはアフィリエイトを認めています。検索バリエーションの中でアフィリエイトの意義を知っていますし、公式サイトのみではユーザーの欲求を満たせないでしょう。にも関わらず、こういったことになったのには日本という権力が大きく関わっています。私たちも苦肉の策ということです。」

「ただ、知っておいて欲しいのは、私たちはアフィリエイトを認めているということです。つまり今回起きる変動は、アフィリエイト全体を駆逐するものではありません。苦肉の策として、健康とお金に関連するクエリにフィルターを掛けるものです。そのため現段階では全てのジャンルに影響はありません。」

「フィルターと言うと誤解を招く可能性がありますが、特定のサイトを落とすということは決してしておりません。目視もありません。いくつかの要素から判断しておりますが、簡単に言うと特定のサイトにドメインパワーを上乗せするイメージに近いです。そのため、特定のジャンルの方は今後厳しいでしょう。」

「肝心の今回影響及ぶ範囲ですが、1月後半(日程調整中)に、健康関連ジャンルに調整を与えます。健康ジャンルとは、前回残っているジャンル(サプリ、健康食品、ダイエット、育毛、発毛、医薬品、美容品、一部美容サービス)などです。また2月中には対象をお金・専門知識関連に拡げます。」

「2月のアップデートでは、お金・専門知識の要するジャンルに影響が来ます。保険、クレジットカード、キャッシング、仮想通貨、FX、法律などです。特に仮想通貨に関しては急遽追加され、弊社としては問題のないジャンルとしていたのですが、国としての規制によるものです。」

「その他のジャンルについては現在のところアップデートの予定はありません。ただ、今回の第2弾、3弾アップデートの後に、調整する可能性はあります。つまり、どのジャンルにも影響はありえます。対策については、現時点では不可能だと思います。一部のクエリは生き残りますが、徐々に拡げるからです」

「そうは言っても、対象ジャンルでも生き残る術はあります。具体的にはキーワードをずらす、集客ページからキラーページに送客するといった方法を取れば、影響を最小限に抑えれるでしょう。ただし、皆さんの想定以上に厳しくなると思います。」

「私はこのように記載している理由ですが、今回の変更は私を含め内部の人間は良く思っていません。しかし行わなければならないのです。アフィリエイトというジャンルが消えないことを願っています。今回の関連ツイートは一定時間で削除しますが、ご了承ください。」

「おそらくこの一連のツイートに関しては、信用しきれない方も多いと思います。今回の調整は今月後半を予定しています。仮に大きな問題があっても2月中には確実に行うので、その時に分かると思います。そのときの気持ちの準備だけしておいて欲しいと私は思っています。」

「今回の内容に対して批判的な意見もあるようですが、不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。このツイートが真実だったかどうかは実際に起きたかどうかでご判断ください。一旦ツイートは以上となりますが、また必要があればツイートさせて頂きます。」


グーグルの「中の人」についての推測

まず、この人は、本物のグーグル関係者だと思います。というか、会社としてのグーグルの「裏の公式発言」ではないかとすら疑っています。

中の人のことをグーグルの関係者ではなくて、アフィリエイターたちをパニック状態にして、DVDなどの情報商材を買わせたり、怪しい有料SEOセミナーに参加させるための「仕掛け人」だという人がいますが、それならば「ずらしキーワード」や「集客ページからキラーページへの送客」の提案などしないでしょう。

では、なぜ、こんな裏発言をしたのかというと、その理由は、

1.悪いのは日本の権力である。グーグルは嫌々やらされている。

2.だからアフィリエイトで生活してきた人はグーグルを恨まないでほしい。

3.嫌々だが、今後、ほとんどのアフィリエイトサイトを潰す可能性がある。

ということが言いたかったみたいですね。。

つまり、グーグルの本音は「おい!これから、おまえらアフィリエイターたちを皆殺しにするが、どうか恨まないで下さいね!」と言いたいみたいです。(;'∀')

アフィリエイトで生活ができるような人たちは優秀な人たちですよ!優れたマーケットリサーチ能力や分析能力、企画力、ウェブサイト作成能力、閲覧者のためになる知識の習得や卓越した文章能力、そして、粘り強い忍耐力などが備わっている人たちが日々競争しているわけですから。

グーグルとしては、そんな優秀な能力を持っている数多くの人たちから恨まれて、将来、何かしらの恐ろしい敵になるのを防ぎたいという気持ちから、こんな「言い訳」を裏公表したんじゃないかと思います。

そのために「日本の権力」なるものを「悪者扱い」にしていますね。まあ、実際に消費者庁や国税庁が絡んでいるかもしれませんが、本当の理由は違います。

本当の理由は、最近の優秀な数多くのアフィリエイターたちの活躍が目ざわりになってきたからなんです。

ネットでも人気のあるサプリメント販売であれ、健康食品販売であれ、ダイエットフード販売であれ、スポンサーである広告主数は限られています。また、各広告主が年間に使える広告経費枠にも限りがあります。

つまり、限られた広告予算を、テレビCMやグーグルの広告、新聞社、アフィリエイト広告などで奪い合っているというのが真相です。

最近の目覚ましいアフィリエイト業界の売り上げアップを、グーグルも無視できなくなってきたんでしょうね。逆に言えば、グーグルの広告収入が相当ダウンしているんでしょう。。だから、自分の敵潰しを本格的に始めたというわけなんですね。。

まさに「出る杭は打たれる!」というやつですよ!!


ピンチはチャンスか!?

去年からのグーグルのフレッドアップデートによって、アフィリエイト活動を廃業したアフィリエイターが数多くいたそうですが、今回の3月7日に更新されたグーグルの謎のコアアルゴリズムのアップデートは、間違いなく、アフィリエイター・キルが目的です。今後もアフィリエイト活動を廃業する人たちが相当いるんじゃないかと思います。。

でも、これは、逆に考えれば、数多くの優秀なアフィリエイト・ライバルたちが消えていくわけですから、あきらめずに続けていけば、ひょっとしたら、また売り上げが上がっていくかもしれませんね。。

というのも、このままの状態が続けば、アフィリエイト業界の命日の噂は、本当のことになっちゃいます!世界中のアフィリエイト会社もそうでしょうが、日本のアフィリエイト会社だって、このまま指をくわえて、自社が倒産するのを待ってるわけないですよね!!

恐らく、そのうち、日本のアフィリエイト各社が協力して、グーグルを独占禁止法違反などで訴えるでしょうね。訴えるまでにはならなくても、何かしらの和解が生まれると信じています。

私は、めげずに、あきらめずに、引き続きアフィリエイト活動を続けながらも、アフィリエイトとは関係のない何か他のネット活動も新たに展開していければいいなあ、と思っています。

引きこもりにとって、自宅でのネット活動は、生活のかかったゲームみたいなもんです。時間が豊富にあるのと、自分が決断すれば、即実行できるのがメリットでしょうね。あいかわらずのマイペースでがんばるしかありませんが。。

 
 振り込み名義   アフィリエイト会社
振込金額
登録難易度
おすすめ順
       
 
カ)フアンコミユニケーシ
A8net(エーハチネット)
¥36852円
審査なし
カ)インタースペース
アクセストレード
¥12682円
 審査あり
カ)セプテーニ・クロスゲ
xmax(クロスマックス)
¥22788円
 審査あり
カ)フオーイツト   アフィリエイトB
¥3637円
 審査あり
カ)アドウェイズ
ジャネット(JANet)
¥38545円
 審査あり
インフォニア(カ   AFRo(アフロ)
¥3117円
 審査あり
カ)アイモバイル
i-mobile
¥5450円
 審査あり
カ)レントラックス   レントラックス
¥13640円
   上級者向け
 
合計
¥136711円
 

【特記事項】

初心者の方は、まず、A8.net(エーハチネット)から始めて下さい。

理由は、A8.net (エーハチネット)には、アフィリエイト活動のためのブログであるファンブログが用意されているからです。登録時に一緒に作ることができます。

ゼロからアフィリエイト活動が始められるブログまで用意してくれているのは、ここだけです。

しかも、広告主数もアフィリエイト全社の中でも最大数なんです。

その他の全てのアフィリエイト会社は、登録申請する以前に、前もって自力で、アフィリエイト活動にふさわしいブログを作っておかないと審査に合格できず、登録もできないんです。。

詳しくは、なぜA8.net(エーハチネット)から始めた方がいいのか?をご覧下さい。


| 引きこもりたい人の仕事、アフィリエイト  TOP PAGE