おすすめのアフィリエイトとブログTOP > SEO対策無料セミナー講座 > グーグルのハミングバードとは
 

 

グーグルのハミングバードどは何ですか?

グーグルのハミングバードとは、検索キーワードで調べているユーザーが、

どんな答えを求めているのかを今まで以上に、グーグルが的確に判断をして、

その疑問に対して、もっともふさわしい答えを出しているサイトが最優先に上位掲載される

ための新しいアルゴリズムです。会話型検索とも言われています。

 

例えば、あなたが、「日本で一番低い山は?」 という言葉で検索したとします。

この場合、あなたが知りたいことは、日本で一番低い山の名前や高さ、所在地、

その山の風景写真画像などではないでしょうか?

答えは、天保山と言って、高さが4.53m。大阪府大阪市港区にあって、1996年7月に

国土地理院の地形図によって山として掲載されて日本一低い山として認定されたそうです。

これは、一番トップに出てきたウィキペディアの情報でわかったことです。

グーグルのハミングバードは、このように、あなたが天保山という名前を知らなくても、

あなたが知りたい情報を正確に判断して提供するためのサービスなのです。

 

そんなこと当たり前じゃないか!

と思う方もいると思いますが、実際にはそうでもないのです。

たとえば、検索キーワード対策である、SEO対策次第では、こんな文章が書いてあるページでも

上位表示されていました。

 

日本は島国ではありますが、山の多い国です。もちろん、低い山もたくさんあります。

私が一番好きな山は富士山です。美しいですよね。今度登ってみたいです。

ところで、あなたが一番好きな山は?ぜひ教えてください。」

 

これは、「日本、一番、低い山、山は?」 というキーワードが入っているために

上位表示されるのです。

でも、これでは、あなたの知りたい答えがわかりませんよね。

グーグルのハミングバードは、このように、答えが入っていないページを上位表示させずに、

むしろ、「日本、一番、低い山、山は?」 というキーワードが入っていないページであっても、

天保山について詳しい説明をしているページを上位表示させるためのアルゴリズムなんです。

ハミングバードは、まだまだ進化していきます。

そのうちに、キーワード検索をしなくても、会話のように自分の疑問を入力すれば、

すべての情報において、正しい答えが出てくる時代が来るかもしれませんね。

 

将来的に、SEO対策は意味がなくなってくるのか?

もちろん、そんなことはありません(笑)

なぜならば、「日本で一番低い山は?天保山です。高さは、4.53mあって。。。」

というふうに、調べている人の疑問にキチンと答えている、そして、他サイトのどの天保山の

情報ページよりもくわしく、わかりやすい説明文があればいいのです。

それ以上に上位掲載されるページは理論的に有り得ませんから。

つまり、

日本で一番低い山が、天保山であることについての説明もしていないのに、

ただ、キーワードだけで上位表示がされるのは、もともとおかしなことなので、

そうならないようにしましょう。

という趣旨が、グーグルのハミングバードの意図です。至極もっともな、お話です。

ですから、調べている人のニーズにふさわしい内容のページ作りを心掛ければ良いだけなんです。

 

インターネットが普及し始めた頃は、ページの内容などどうでもよくても、

キーワード・テクニックが上手いだけで上位表示されていました。

それゆえ、低度情報化時代などど揶揄された時代もあったのです。

ですから、上位表示にふさわしいページを的確に判断する能力をグーグルは日々研究してきました。

ハミングバードは、その能力の最新機能であり、現在でも日々進化し続けているのです。

 


 SEO対策無料セミナー講座  おすすめのアフィリエイトとブログTOP