おすすめのアフィリエイトとブログTOP > PPCとは PPC広告を使ったアフィリエイト講座 レビュー体験談
 
PPCとは − PPC広告を使ったアフィリエイト講座
PPCとは − PPC広告を使ったアフィリエイト講座

PPCとは (リスティング広告とは) − PPC広告を使ったアフィリエイト講座

Find-A 無料ノウハウセミナー

セミナー参加には、Find A (ファインド・エー)に登録する必要があります。

2010年2月26日参加

先月の2月26日に、Find A (ファインド・エー)さんが開催した、「Find-A無料ノウハウセミナー」 を

受講してきました。開催場所は、渋谷駅東口から徒歩15分くらいところにある、Find-Aさんの親会社である

GMOソリューションパートナー株式会社本社内の一室でした。セミナー受講者は50名くらいでしたね。

A8ネットさんリンクシェアさんのセミナーやイベントでよく会うアフィリエイターさん達は

なぜか1人もいませんでしたが、精悍な顔つきの方々が大勢いらして真剣に受講していました。

アフィリエイト会社(ASP)が変われば、集まるアフィリエイターも変わるんだなぁ、

と感慨深いものがありました。

それと、セミナー会場までの廊下から見えたメインフロアーでは、Find-Aさんの大勢のスタッフさんが

お仕事をなさっていて、「大きなアフィリエイト会社なんだなぁ。。」 と感心しました。。

Find-Aさんとはまだアフィリエイターとしてお付き合いはありませんが、

これからは少しずつでもお付き合いを始めていきたいと思いました。


PPCとは − PPC広告を使ったアフィリエイト講座

PPCとは − PPC広告を使ったアフィリエイト講座

セミナー講師 株式会社アシュラワークス代表取締役 野村勇樹

1) PPCとは (リスティング広告とは)

まず、PPCとは、Pay Per Click (ペイ・パー・クリック) の略です。リスティング広告とも言います。

代表的なものでは、Google (グーグル) リスティング広告 の 「スポンサーリンク」 や、

Yahoo! JAPAN リスティング広告 の 「スポンサードサーチ (旧名 オーバーチュア)」 などのように、

キーワード検索後、最上部に出てくるテキストリンク、つまり、テキスト広告が有名です。

このテキストリンクは、検索連動型広告、コンテンツマッチ広告であり、

ユーザーが検索したキーワードに特に関連した内容のテキスト広告を表示します。

一般ユーザーさんが、このテキスト広告を1Click (1クリック) ⇒ Per (につき) ⇒1Pay (1ペイ)分の

広告費をこのテキスト広告を出している個人やスポンサー企業が、

Google (グーグル) や、Yahoo! JAPAN (ヤフー・ジャパン) に支払うというわけなんです。

2) PPC広告の掲載順位について

当たり前の話ですが、このPPC広告を出す個人やスポンサー企業は、他の同業他社よりも、

目立場所や位置にPPC広告を出したいものですが、実は、その掲載順位の決定方法は決まっています。

それは、広告品質 × 入札単価 = 掲載順位 というルールで決定されています。

広告品質 = クリックされて飛んだ先の広告ページが、そのキーワード検索で探している人々の

求めているコンテンツ(内容)にふさわしいものほど高い評価を受ける。

入札単価 = 1Pay (1ペイ)分で、Google (グーグル) や、Yahoo! JAPAN (ヤフー・ジャパン) に

支払う広告単価を高く設定している個人やスポンサー企業ほど掲載順位を優先してくれる。

例) A社は、広告品質の評価が5。入札単価が¥20円の場合は、5×20=100ポイント。

    B社は、広告品質の評価が1。入札単価が¥50円の場合は、1×50=50ポイント。

    よって、PPC広告の掲載順位としては、A社の方が優先される。

以前は、入札単価だけで掲載順位が決められていたそうですが、

キーワード検索で探している人々により精度の高い情報を供給するために検索エンジンであるところの

Google (グーグル) や、Yahoo! JAPAN (ヤフー・ジャパン) も、この広告品質を重要視するようになりました。

尚、この広告品質は、通常ですと、人間ではなくて各検索エンジン会社のアルゴリズムという

プログラムが評価をして広告品質を決定をしています。

3) PPC広告の攻略方法

PPC広告テキストの文章は体系的にキチンと整理してから利用しよう。

例えば、「犬のしつけに関する教材」 の宣伝をするとします。この場合には、まず、

犬の種類、犬種 : チワワ、ダックスフンド、プードルなど人気の犬種の飼い主にPRできるようにすること。

また、犬の食料 (ドックフード) や、通販物 (犬のお洋服やアクセサリー) など多くの犬の飼い主が

インターネット検索で調べるような物事との関連付けをして宣伝することが大切なことである。

成約率の高い商品名関連のキーワードでPPC広告を出した方が有利になる。

例) 「プロアクティブ」 を宣伝するのであれば、「ニキビの薬」 でPPC広告を出すようにするよりも、

「プロアクティブ」 で出すようにした方がよい。

売れる商品、人気のある商品を探す。有名人や芸能人を使っている商品やサービスは狙い目。

ただし、「PPC広告、リスティング広告に当社の商品名を使用しないで下さい。」 などと、

ECサイト側で定められている場合もありますので、あらかじめしっかりとチェックしておきましょう。

ECサイト(スポンサーサイト)もちゃんとチェックしよう。

アフィリエイトプログラムの説明がキチンとされているか?

PPC広告と使用するアフィリエイトプログラムとの内容がうまくマッチングしているのか?

損切りの目安を決めておく。

1件(1商品や1サービス)が売れるのに、PPC広告にどのくらいのコストがかかるのか?

得られる成果報酬よりも、PPC広告のコストがかかるようだとトータルでは損をしてしまう。

利益に繋がらないようなPPC広告は早めに見切りをつけた方がよい。

PPC広告で実験や様子見をしてみる。

まず試しに、自分が出してみたPPC広告で利益がでるようだったら、

本格的にブログや独自ドメインサイトを作ってみるのも1つの賢いやり方だと思います。

関連ページ Yahoo! JAPAN リスティング広告 (旧名 オーバーチュア)

 

 アフィリエイト・セミナー・イベント体験談  おすすめのアフィリエイトとブログTOP